キャットフードには各メーカーによって色々な種類のものが販売されていて、中には添加物が入っているキャットフードなども存在しています。添加物は人間にも猫にも体に悪い成分なのですが、なぜキャットフードに含まれているのでしょうか。

キャットフードはペットがある一定の栄養素を摂取することができ、バランスの摂れた栄養素になるように作られています。しかし、このバランスの摂れた栄養素をそのままの状態で保つためには工夫が必要です。できる限り長期間保つためには添加物を使用しなければならないため、キャットフードによっては添加物が含まれています。添加物自体はあまり良くない成分ですが、その中でも危険と言われる添加物があるので紹介します。

まず1つ目はエトキシキンです。これは保存料として使用されますが、発がん性のある添加物です。長く摂取し続けると健康に被害を与える可能性がある添加物になるので注意が必要です。

次に2つ目はグリシリジンです。これは安全性が完全に認められたわけではない甘味料です。人間の食べ物には使用が禁じられていますが、ペットフードの場合は使用されているものもあります。安全性が認められていないので、できる限り選ばない方が愛猫の健康のためです。

このように、添加物はあまり健康的によくない成分で、その中でも危険と言われる添加物は色々とあります。食べ物を選ぶことになるので、心配だという方のためにも無添加のキャットフードやその他選ぶときに気を付けたいポイントについて話します。